014 共同通信杯

共同通信杯(トキノミノル記念)(GⅢ)

本競走は、昭和42年に創設された『東京4歳ステークス』を前身とする重賞競走。58年に『共同通信杯4歳ステークス』へ改称し、平成13年の馬齢表記の変更に伴い、現在の名称となった。なお、昭和44年からは、副題として『トキノミノル記念』が付されている。トキノミノル号は、26年の皐月賞、東京優駿(日本ダービー)の優勝馬で、戦績は10戦全勝。その戦績を称え、59年に顕彰馬に選出された。共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。本競走は、同社より寄贈賞を受けて施行されている。

0コメント

  • 1000 / 1000