002 京都金杯


スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)

本競走は、昭和38年に創設された『迎春賞』を前身とする重賞競走。41年に『スポーツニッポン賞金杯』と改称するとともに、別定重量となった。その後、56年にハンデ戦となり、平成8年から東西で行われる金杯を区別するため、現在の競走名に改称された。また、12年には距離が2000mから1600mに短縮された。スポーツニッポン新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。本競走は、同社より寄贈賞を受けて施行されている。

0コメント

  • 1000 / 1000