028 金鯱賞

金鯱賞(GⅡ)

本競走は、昭和40年に創設された重賞競走。グレード制の導入後はGⅢで実施されていたが、平成8年にGⅡに格上げされた。それに伴い、負担重量がそれまでのハンデキャップから別定重量となり、距離も当初の1800mから2000mに変更された。また、 24 年に 春季から秋へと移設  本年度から再び春季に実施されることとなった。  なお、 第1着馬には同年 の大阪 杯への優先出走権 優先出走権 が与えられる。競走名は、名古屋城のシンボルである「金の鯱(しゃちほこ)」に由来する。



0コメント

  • 1000 / 1000