019 フェブラリーS

フェブラリーステークス(GⅠ)

本競走は、昭和59年に創設された『フェブラリーハンデキャップ』を前身とする重賞競走。距離は創設時より1600mで施行されている。その後、平成6年にGⅡへ格上げされ、競走名が『フェブラリーステークス』へ改称、負担重量も別定に変更された。さらに9年には、JRA初のダートGⅠ競走となり、負担重量も定量に変更された。なお、現在JRAダートGⅠ競走は本競走と『チャンピオンズカップ』の2競走である。フェブラリー(February)は、2月を意味する英語。

0コメント

  • 1000 / 1000