012 東京新聞杯

東京新聞杯(GⅢ)

本競走は、昭和26年に創設された重賞競走。当初は『東京杯』の名で天皇賞(春)の前後に行われていた長距離の競走であったが、41年に現在の名称に変更されるのと同時に、施行時期も変更になった。その後、徐々に距離が短縮され、59年に現在と同じ1600mとなった。一時期はハンデキャップ戦として施行されていたが、56年以降は別定重量戦で施行されている。東京新聞は、中日新聞社東京本社が発行する日刊紙。本競走は、同社より寄贈賞を受けて施行されている。



0コメント

  • 1000 / 1000