125 フューチュリティS

 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

本競走は、2歳(旧表記3歳)馬によるチャンピオン決定戦として昭和24年に創設された『朝日盃3歳ステークス』を前身とする重賞競走。平成3年に牡・せん馬限定となったが、16年には牡・牝馬限定となった。実施距離は、創設時の1100mから昭和34年に1200mに延長され、37年以降は現行の1600mに定着している。また、平成26年より中山競馬場から阪神競馬場に舞台を移して実施されている。フューチュリティ(Futurity)は、「未来」「将来」を意味する英語。朝日新聞社は、東京など全国に4ヶ所の本社がある新聞社。本競走は、同社より寄贈賞を受けて実施されている。

0コメント

  • 1000 / 1000