107 アルゼンチン共和国杯

 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

本競走は、昭和38年に日本とアルゼンチンの友好と親善の一環として、アルゼンチン・ジョッキークラブから優勝カップの寄贈を受け、『アルゼンチンジョッキークラブカップ競走』として創設された重賞競走。49年にアルゼンチンの競馬がジョッキークラブから国の管轄に移管されたことに伴い、その翌年から現在の名称となった。創設時は4歳以上2300mの別定重量戦であったが、幾度かの条件変更を経て、3歳以上2500mのハンデキャップ競走となった。

0コメント

  • 1000 / 1000